喫茶10

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ハイド アンド シーク 〜暗闇のかくれんぼ〜』(映画館)

<<   作成日時 : 2005/04/23 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は一日何も予定がなかったので映画を観に行きました。

一杯観たい映画がありましたが『ハイド アンド シーク』がちょっと気になっていたので決めました。

では(本当にネタばれ注意)、

感想:「絶対結末は話さないで下さい」の言葉がついておりちょっと気になっていました。この手の映画が最近増えてきているので「またか!」とも思いましたが、ロバート・デ・ニーロと名子役ダコタ・ファニングが出演の為、観る事に決めました。まさかこの二人が親子関係とはね、孫でも良い年齢差なのに…
 最初に感じた事はロバート・デ・ニーロが普通の父親を演じている事に違和感を感じていました。その後はエミリー(ダコタ)の異常さとダコタの演技力の良さに圧倒され忘れていました。しかし、そしてその予感が当たってしまった。エミリーがチャーリーと呼んでいた友達、更になんと自殺と思われた母親を初めとする殺人等の事件の真相は父親(デ・ニーロ)とは!!と驚いたものの奥さんの浮気を元にDID(解離性同一性障害)、いわゆる二重人格で、うっ!えっ!こんな話どこかで、『ファイトアウト』、『シークレットウインドウ』と同じですよ。似たような話とはいえ、なんかストーリー的には引き付けられますね。最後のダコタの絵(ダコタ本人の顔が二つある)には”??”でしたが、パンフレットを読むとその後ダコタ本人もDIDの兆候を臭わすサインだったとは・・・そこまでは読めなかった。

本編以外で言うと観客の層が学生が多く驚きました。学生は『コンスタンティン』に流れると思っていましたが。

おまけ1:フライパンとお鍋が潰れていたが今日やっと新しいものが買えました。それでお好み焼きを作りました。こんな焦げ付かないフライパンに感激!!

おまけ2:よいこ有野が結婚していたみたいですね。ちょっと驚き!さすがめちゃイケただではすまさないですね。来週の披露宴放送が楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ハイド アンド シーク 〜暗闇のかくれんぼ〜』(映画館) 喫茶10/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる