喫茶10

アクセスカウンタ

zoom RSS 『交渉人 真下正義』(映画館)

<<   作成日時 : 2005/05/21 02:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
今日は予定通り映画『交渉人 真下正義』を仕事後観に行った。

混んでいる事を予想して1時間30分前につくように行ったが全然混んでいない様子。

それもいつもは指定席なのに今日は自由席って、なんで…

まあ大丈夫だろうと思い暇つぶしに本屋等へ行った後30分後に戻ると、結構集まっていましたね。

一番大きなスクリーンだったせいかなんなく余裕で観やすい席をゲット出来ました。

前置き長くなりましたが、感想(ネタばれ注意!!)

感想:踊るシリーズが好きな私にとって絶対見逃せない作品でした。真下にスポットを当てるということで、少し不安な点もありましたが予告等をみてからはこれはおもしろいかもという期待の方が大きかったですね。しょっぱなからお馴染みのキャラがちょこちょこ出てきてたの見るとすぐに、踊るワールドにはまってしまいました。
 また題材が電車ジャック(爆破)ということで、この前の事故を思い出す様なシーンもあり胸を痛めましたが、題目どおり交渉がメインなので中盤以降は気にはなりませんでした。
 メインキャラがあまり出ていない分をカバーしていたのは新顔の木島警視でした。真下や他の刑事とのやり取りは結構おもしろかったです。今回はこの人あってこその映画だったと思います。青島は会話中の名前でしか出なかったのが残念でしたね。ちょい役でも顔を出して欲しかったです。スリーアミーゴスも最後次回作の番宣でしか出てなかったしね。しかし普段ちょい役、ちょい物は結構出ていて、おそらく見つけられなかったものも多数あったと思います。
 電車のクモは実際関西で走っている電車をモチーフにしている為かなんか馴染みがありました。
 ストーリー的には最後犯人が自爆したのでちょっと納得いかなった所もありますが、まとまっていてはまりましたね。踊るっぽい所もあるけど、これ単独でも成り立つ感じもして良かったです。
 
 次回作は『容疑者 室井慎次』も楽しみです。今作の最後に次回作につながるシーンありましたね。早速ポスター特典付き前売りチケット買ってしまいました。また、他の人にもスポットを当てた映画も観てみたいですね。本当は和久さんあたりが面白かったと思うんだけどね。もちろん本編の続編が一番見たいですが…


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
■交渉人 真下正義
   レインボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」。その事件直後、真下正義警視(ユースケ・サンタマリア)は湾岸署の前で報道陣に取り囲まれ、警視庁初の交渉人として、事件解決の経過を説明していた。1年後、2004年12月24日。警視庁交渉課準備室.. ...続きを見る
ルーピーQの活動日記
2005/05/21 14:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『交渉人 真下正義』(映画館) 喫茶10/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる