喫茶10

アクセスカウンタ

zoom RSS 『宇宙戦争』(映画館)

<<   作成日時 : 2005/07/12 01:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
実際に観たのは先週の水曜日ですが、書く暇が無かったので思い出しながら書きたいと思います。
本当は公開初日に行く予定になっていたが、行けずにいたが急遽仕事が終わってから観に行きました。1週間前の為間違いがあればすみません。また、いつもの通りネタばれ大いにあります。

感想:やはりトム・クルーズは良いですね。前回の『コラテラル』で悪役を演じてましたが、あれはあれで良かったけれども、今回は特にトム・クルーズらしい役柄でとても良かった。格好良いんだけど父親としては失格で頼りにならない感じがなんともいえないくらい合ってしてました。またダコタ・ファニングがとても可愛く、そして子役とは思えないほどの演技をしてましたね。

 内容はというとかなり初めの方は宇宙人(マシーン)の襲撃が迫力があって圧倒されていました。またそれと同時に父親(トム)と子供との絆を描いていてとても良かったと思います。初めは父親に触られるのも嫌という日本でもありそうな関係ですが、徐々に娘に信頼を得ていき絆が深まっていく姿はとても印象的でした。また息子も含め家族が集結した時は感動もんでした。

 それにしても脅威の攻撃を受けていた時は、どうやってこの侵略を阻止するのだろうと考えていましたが、なんとも最後はあっけない終わり方でしたね。徐々に迫力さが欠けていったのはしょうがないのでしょうか?私的にはそれはそれで問題無かったのですが、周囲の声を聞くとそれが一番多い意見でした。
それよりも、気になるのはいろいろとつっこみどころがある点ですが、それは昔の小説だからでしょうか?
・400万年前にそのまま侵略していたら良かったのではないか?
・結構ハイテクな割りに人間を捕獲するかごは頂けない。
・400万年前にあれだけのものが出来ていたならばもっと現在はもっと凄いマシーンが出来ているはず。
・人間の血が原動力って?
・鳥ごときでシールドが解けるって?

まあ、そんなあら捜ししたら面白くありませんのでやめときます。
総合的にみたら結構私としては好きな方です。本当に映画館で観る価値はありました。
SWが始まる前に観ておいて良かったです。大スクリーンじゃなくなるからね。
また、訳あってもう一回観に行くかもしれません。今まで同じ映画を二度映画館で観た事ありませんが、理由はその時にでも…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『宇宙戦争』(映画館) 喫茶10/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる