喫茶10

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ファンタスティック・フォー』(映画館)

<<   作成日時 : 2005/10/02 15:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 金曜日に『ファンタスティック・フォー』を観に行きました。洋画としては久しぶりですね。では早速感想を…(ネタばれ有りです)。

感想:もともと60年代のアメコミが原作のようで、私は全然知りませんでしたが、かなりの人気があるようです。スターウォーズに並ぶぐらい期待されていたとか。しかし、話が単純でこんなに先の細かい所まで読める映画は初めてです。独特のアメリカンジョークさえもわかってしまうとは…。でもそれでも笑えてしまうのが流石とは思いましたが。

 作り自体もベンのあの体はなんとか出来なかったのでしょうか?昔のTVの悪役怪獣並です。まあストーリーもかなり昔の原作ってこともあったので、それにはあっていたのかもしれません。ストーリーは前で言ったようにかなり単純です。間の笑いがなければなりたたないでしょう。しかし、元の体に戻りたいと言いながらもリードはかなりゴム人間楽しんでましたね。そりゃベンもぐれるはずです。

 唯一読めなかったのは、初めはベンの奥さんがベンを認めて戻ってくると思ってました。しかし、戻ってこず、ベンは盲目の女性と出会い励まされよい関係になる。ここは唯一感動したところでもあります。

 この原作はかなりいろいろな作品に影響を与えているようですね。最後、ビクターが面をかぶる時、えっこれってダースベイダー?と思いましたが、スターウォーズの方が後だしね。またゴム人間は漫画ワンピースのルフィーだし。まあ、たまたま一緒なのか、影響されたかどうかは分かりませんが、こちらが先なのは事実なようです。

 最後に、結構非難しているような感想になりましたが、結構楽しめたので良かったですよ。嫌いではないです…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ファンタスティック・フォー』(映画館)  喫茶10/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる