喫茶10

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女』(映画館)

<<   作成日時 : 2006/03/19 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今朝「ナルニア国物語」を観に行きました。結構混んでるかなと思いきや、朝という事もあり割と空いてましたね。劇場は半分に減っていたのにも関わらずなので思ったより人気ないのかな?字幕版だからか子供というよりはおばさんが多かった。しかも、横のおばさんは途中でいろいろ一人で大きな声で感想言うので、ちょっと辛かった…。

画像


感想:とにかく映像が綺麗に尽きる映画だと思う。アスランやビーバーを始め、まるで本物かのように動く様を見るとかなり凄いものであった。しかし、裏を返すとストーリーはちょっと貧弱かなとも思う。先が読めるし、ツッコミを入れるところが多々あるしね。あの4人の子供は本当にナルニア国を王と呼ばれるほど救ったのだろうか?いや、反対に被害を与え、アスランをも一時期苦しめている。アスランの統率力だけでも魔女に勝てたのでは?その魔女もあんなに魔法が使えるにも関わらず、最終決戦では発揮してないしね。それでも作者の意図はまあ分るので良いのだけども、ちょっと大雑把過ぎやしないかな?

 あと、何でも治る薬は頂けないね。あれがあれば何でもありになってしまう。まあ死んだらだめみたいだけども。それを渡したサンタクロースもちょっと無理があったしね。

 まあ、次があると思うので2章以後に期待します。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ナルニア国物語」の心理学 父親探しの冒険
大ヒット公開中の映画「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」。「指輪物語」とならぶこのファンタジーの傑作を、精神科医樺沢紫苑が心理学的な視点で解読しました。「父親探し」のテーマ。子供たちにとっての「父性」とは何か? そして、キリスト教的な意味。「ナルニア国物語」の世界をより深く理解するために、是非お読みください。 ...続きを見る
シカゴ発 映画の精神医学
2006/03/20 04:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女』(映画館)  喫茶10/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる