喫茶10

アクセスカウンタ

zoom RSS 『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』(映画館)

<<   作成日時 : 2006/03/25 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 昨日の夜、「北斗の拳」を観てきました。私が来た時には他に誰もいず、もしかして一人と思いきや、その後男性二人、なんと女性二人組み、カップルと不思議な客層でした。北斗の拳ファンの人にはネタばれはさほどありません。

画像


感想:昔から私は漫画、アニメ共に好きでしたね。最近はパチスロ等のキャラクターで人気が復活してましたが、まさか映画になるとは思いませんでしたね。最初は新しい話かなと思いきや私がお気に入りのストーリー、サウザーとシュウの話を主として新キャラのレイナを加えた物語となってました。始めはケンシロウとラオウの声に違和感を感じていました。やっぱり神谷明ではないと、と思っていました。しかし、話の途中からは全然違和感なかったですね。やるな、阿部寛。流石に高い「アタッ!!」は出ませんでしたが…。あと新キャラのレイナですが、はまっていたことにははまっていたんですが、ラオウがちょっと優しすぎるのもなんか考えものです。あと、レイナはなんと北条司がデザインしたとか、エンドロールで初めて知って驚きました。

 好きなキャラであるシュウとサウザーですが。まずシュウはアニメと変わらず素晴らしい人格で仁星をまっとうしたのが描かれてましたが、サウザーは何故あの性格になってしまったのかが描かれてなかったのが残念です。最後死ぬ時も師匠の傍で死なせてあげたかった。「愛が故に人は苦しまねばならぬ。愛が故に人は悲しまねばならぬ。」も無かったし。

 連載(放送)当時からだいぶ経つのにも関わらず、このシーンが違うとか分ってしまうのが怖いですね。結構覚えているもんですね。何作か続くみたいですが、これからも楽しみです。


評価:★★★★★★★☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真救世主伝説北斗の拳/ラオウ伝殉愛の章
真救世主伝説北斗の拳/ラオウ伝殉愛の章(2006/日本) 評価(お奨め度)★★★☆☆ 監督: 今村隆寛 アクション監督: 平野俊貴 製作プロデューサー: 山本秀基/宮直樹 製作総指揮: 井本満/堀江信彦 原作: 武論尊(作)/原哲夫(画) 脚本: 堀江信彦/鴨義信/真辺克彦 撮影監督: 佐藤正人 美術監督: 坂本信人 編集: 田熊純 音楽: 梶浦由記 アニメーションプロデューサー: 吉岡昌仁 キャラクターデザイン: 荒... ...続きを見る
シネマの箱
2006/04/10 00:34
北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章 映画
B'zの新曲「永遠の翼」が、5/12(土)公開の 映画「俺は、君のため にこそ死ににいく」の主題歌に決定です また、松本孝弘作曲の「THE WINGS」が 同映画のタイトルイメージソングにも決まりました。。。 ...続きを見る
webnews
2007/02/28 00:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』(映画館) 喫茶10/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる