喫茶10

アクセスカウンタ

zoom RSS 『海猿』(DVD)

<<   作成日時 : 2006/07/09 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 3週間前というだいぶ前に『海猿』をDVDで観ました。もちろん第1作です。有名作ですが、見る機会が無く、そのためTV版も見てません。しかし、映画の2作目が現在公開中で人気があるそうですが、私も予告で面白そうなのでまず前作から観てみました。TV版もあるので間に合えば良いですがね。

画像


感想:海猿とは海上保安官の1%しかなれないという潜水士の事であり、たまにニュース等で救出現場等が流れるがこんなに辛い仕事とは思いもしりませんでした。この映画では海猿のたまごの仙崎達の50日に及ぶ訓練の様子であったが凄い過酷でとてもで無いが私なら1日で根を上げていただろう。体力がある仙崎達は元より体力が無いひ弱な工藤が仲間の助けを得ながらではあるが、訓練に耐えていく姿は感動しました。家族を助けるという夢があったからでは無いかと思います。やっぱり目標があれば同じことをするのにも達成感が全然違いますね。まあ不順な動機な人もいましたが…。

 しかし、突然不幸が訪れる。せっかく潜水士になれる予定であった工藤が休日に溺れている人を助ける為に亡くなってしまったのだ。何故ストーリー的にここで工藤が死ななくてはならないのだと疑問に思ったが、この工藤の死によって命の尊さを仙崎のみならず、私も改めて実感した。その影響もあってか、鬼教官と思っていた源さえも変わったのである。それは訓練中の事故で仙崎と新しいバディの三島が海中から戻ってこないという惨事に上層部の命令をも背いて訓練生を救出に向かわせたのである。一番仲間の死の辛さを知っていたのは源教官であっただろう。だからこそ厳しくしていたのであろうと思った。

 これからTV版では実際の海猿として活躍の場面が見られると思うので楽しみです。また環菜との恋愛模様もここでは書きませんでしたが、どうなるのでしょうね。急いで観ないと劇場版が終わってしまいますね。



ストーリー:★★★★★★★★☆☆
映像   :★★★★★★★☆☆☆
人物   :★★★★★★★☆☆☆

総評価:★★★★★★★★☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『海猿』(DVD) 喫茶10/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる