喫茶10

アクセスカウンタ

zoom RSS 『日本沈没』(映画館)

<<   作成日時 : 2006/07/23 01:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 金曜日の夜、『日本沈没』を観に行きました。邦画の大作という事で年齢層は幅広かったと思います。こちらもネタばれ有りです。

画像


感想:この『日本沈没』は昔、映画とドラマであったそうですね。生まれる前なので全然知りませんでした。当時の映像も観ていないので、その頃の技術でこの内容の映像を撮ったものにはかなり興味がありますね。現在の技術で行くと結構リアルでした。有名な建物を初めとして、地震により壊されていくのがとてもかなりリアルに映像化されていて、今までの映画で何度も観ているようなシーンも実際に見た事がある建物となると恐怖さえ感じますね。話的には昔の作品という事からか、よくある話で新鮮さとしてはかなり欠けていて残念でした。

 あと、気になったのは初めのシーンから地震で多くの人が犠牲になったのにも関わらず。その他の地域の温度差がかなりあるのには疑問を感じる。まだ最初だけならまだしも、北海道を初め、日本各地で地震で被害が拡大している中で、普通に生活しているのはおかしいだろうと。小野田(草なぎ)が自由に移動出来たのもおかしいですし。そんな事もあり結構感動シーンでも感情移入が出来ませんでした。唯一ジーンと来たのが最後鷹森が小野田と結城を称えた所ですね。

 しかしながら、出ている俳優陣は結構良い味を出している人が多かったですね。田所(豊川悦司)と鷹森(大地真央)は結構良かったですね。ミッチーも最初気付かないくらいの今までにないくらいのキャラで好印象を受けました。その他、いろんな人がちょい役で出ていて驚きました。エンドロールで初めて、木村多江、前田愛、富野、丹波哲郎が出ていた事に気付きました。

 最近、この映画のように自分の仕事(出来る事)をまっとうしている作品を観ると、自分の事を考えさせられる。小野田のように命をはってとはいかないが、本当にこれで良いのかと…。

ストーリー:★★★★★★☆☆☆☆
映像   :★★★★★★★☆☆☆
人物   :★★★★★★★★☆☆

総評価  :★★★★★★★☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『日本沈没』観て来ました!
『日本沈没』鑑賞レビュー! ...続きを見る
☆★☆風景写真blog☆★☆healin...
2006/07/23 07:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『日本沈没』(映画館) 喫茶10/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる