喫茶10

アクセスカウンタ

zoom RSS 『俺は、君のためにこそ死ににいく』(映画館)

<<   作成日時 : 2007/06/03 14:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 先週の日曜日に友人が仕事関係でチケット貰ったので誘われて『俺は、君のためにこそ死ににいく』を観に行きました。小さい劇場でしたが、結構客が入っていましたね。前の客がつばが大きい帽子を被ったまま見ていたので調度真ん中下がほとんど見れず最悪でした。洋画なら字幕が見れず文句を言っていたかもしれません…。劇中「脱帽!」とのシーンがあったけど「お前がしろよ」とも思ったくらい。最小限のマナーは守って観て下さい!!それはさておき、

画像


感想:年に1本ぐらいはこういう戦争映画があるような気がし、内容としてはありきたりであった。しかしながら、今までと違うのは良くも悪くもこんなさわやかな戦争映画は見たことありません。戦時中とは思えないくらいのさわやかさを前面に出しているのはちょっと違和感を感じました。「特攻隊」というものを題材にしているから余計にそことのギャップを感じたのかもしれない。出演人も結構良い演技で見応えあったけども話のまとまりが見えてこず何が言いたいのやらと思いました。結構泣ける要素満載でしたが、泣けなかったのはこういうことかもしれませんね。


ストーリー:★★★★★★★★☆☆
映像   :★★★★★★☆☆☆☆
人物   :★★★★★★★★☆☆

総評価  :★★★★★★★☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
はじめまして
「脱帽」「おまえがしろよ」で「ウフフ」と笑えましたょ。
まったく 気持ち分かります。さわやかな戦争映画でしたか。
いいのか。 わるいのか。
かりん
2007/06/03 17:24
どうも、かりんさん初めまして。
そして、コメント有難うございます!

思わず愚痴ってしまいましたが、同意&笑い有難うございます。
本当に初めずっと気になって、映画に集中出来ませんでした。
が、その「脱帽」の偶然の後はふっきれた感があったのも事実です。

ではでは。
喫茶10マスター
2007/06/04 00:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
『俺は、君のためにこそ死ににいく』(映画館) 喫茶10/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる