『クロスゲーム』(あだち充):第88話「だれがァ!?」

曲者及川

画像


前号まで:星秀学園高等部に進学して野球部に入った。そして高校二年になった夏、初めての夏の甲子園地方大会が開幕。一、二回戦を突破した星秀学園は三回戦で大本命の強豪・竜旺学院と激突!エースの力投と東のホームランで9回終わって1-1の同点。勝負は延長戦へと・・・・・・!!!(サンデー44号参照)

 10回の表星秀の攻撃、せっかくコウが1塁に出たものの、後が続かない。この回追加点どころか2塁にも進められなかった。クセも隙も無い曲者及川、これはピンチですよ。青葉がコウの体力に太鼓判を押しはするが、初回から投げているコウと9回から投げる及川では誰が見たってコウの方に不安があるもの。ただ、ピッチングに対しては青葉の言葉どおり何も問題ないみたい。そう、ピッチングに対しては…。ボール握りそこない、バットすっぽ抜けに続き、今度は赤石からの返球を捕れなかった、というより捕らなかったというべきか、やはり何かコウの体に異変が起きている事は確かですね。青葉も気付き始めているようですが…。

 そして、いち早くコウの異変に気付いているのは三島と及川。何やら本当に危ないかも。そうこうしているうちにラッキーなヒットと送りバントで得点圏のランナーとオイシイ場面で曲者及川の場面。竜旺にとってはサヨナラのチャンス。コウはこのピンチを乗り越えられるのでしょうか?また体の異変も気になります…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック