『クロスゲーム』(あだち充):第101話「どういう意味かな?」

そういう意味だよ。

画像


前号まで:星秀学園高等部に進学して野球部に入った。高校二年の夏、初めての夏の甲子園地方大会に出場し、一・二回戦を突破するも天才打者・三島敬太郎を擁する強豪・竜旺学院に敗退。野球が終わったの夏休み。隣に引っ越してくる女の子に若葉の面影を見たはどうにも落ち着かなくて・・・(サンデー8号参照)

 年は明け、今年が最後の甲子園への挑戦。まずは春のセンバツ。と行きたいところだが、呼ばれなかったみたいですね。まぁもともと、私もセンバツは頭に無かったわけですが、東が盲腸で試合に出れなかったとはね。ちょっと強引ですよ・・・。夏の状態なら、コウのピッチングだけでもかなり上は狙えたはずです。まぁ、東は必須というわけでだが、他の打撃陣もっと頑張ってくれよとも思う。

 なんか、青葉が風邪をひいて学校及び部活を休んでいるらしい。みんなに責められながらもコウが月島家へ様子見に。青葉が風邪を引いているという事だったが、何故か喫茶店もバッティングセンターもお休み。どういう事?そんな疑問を吹き飛ばすような雪の塊がコウの頭へ直撃。青葉が雪かきをしていたのだ。へっ?狙ったかのようなコウへの直撃、それよりも元気な青葉に対して、コウは頭にきたようだ。

 青葉が学校へ行かなかったというか、行けなかったのは家族全員に青葉の風邪をうつしてしまったからだった。本当にどんだけの菌なんだ。コウにはうつらないらしいが、これには触れないでおこう。そして、やはりこの二人の話題は野球の話へ。センバツを逃した事により若葉の夢のチャンスも後一回になりましたね。最後なんとしてでも叶えて貰いたいものです。そして、何やら青葉コウに見て貰いたいものがあるらしい。夏の甲子園のポスターようだが、なんとあかねが書いた絵がグランプリに選ばれたようです。その絵のモデルはコ青葉コウが言うには葉のようだ。あかねが甲子園へ行きたくてもチャンスさえ与えて貰えない青葉の為を思って書いたという事らしい。一足先に青葉が甲子園行き決定ですね。バックスリーンに映る青葉の姿を背にコウがマウンドに立つ、これが最高のシナリオですね。若葉もきっと喜ぶでしょう。
こんな喜ばしい事があっても相変わらず口喧嘩が無くならない二人だが、そのお蔭でおかゆ作りも先延ばし。いろんな意味で一葉も一安心。春のセンバツは来なくとも、二人の春はもう来ているのかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント