『ダークナイト』(映画館)

今日、『ダークナイト』を観てきました。平日のわりには入っていたのではないでしょうか。アメリカでは記録が出るくらい結構人気が有るみたいですが、その割りに日本での宣伝が少ないと思ってましたが大丈夫のようですね。

画像


感想:かなり良かったですね。アメコミの中では一番バットマンが良いかもしれません。スーパーマンのような派手さは無く、私欲優先のスパイダーマンとはもちろん違いますね。バットマンは市民からは愛されていないが、デントの言葉を借りるとヒーローになりたい訳ではない、ただ街を守りたいだけという事でしょう。自分の事をここまで犠牲にしているヒーローはまずいないものです。

 2時間30分もあっという間という感じで、全然長さを感じさせないだけ話のテンポが良かったです。最凶のジョーカーとの戦いも見ものでしたね。アクションというよりも心理対決で、人間の弱みに付けこんだものでいろいろ考えさせられました。ヒース・レジャーのジョーカーははまり役でしたね。今後はどうするのでしょうね。

 最後、結局バットマンはデントの罪を被る事になりますが、やっぱりかっこいいですよね。普通そこまで出来ませんからね。



ストーリー:★★★★★★★★★
映像   :★★★★★★★★☆☆
人物   :★★★★★★★★★

総評価  :★★★★★★★★★

"『ダークナイト』(映画館)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。